サーマエンジニアリング株式会社
サーマエンジニアリング株式会社:フリーダイヤル0120-571-456

[サーマ・スラブ]地中蓄熱式輻射床暖房システム【特許第3049536号】

地中蓄熱式輻射床暖房システム、サーマ・スラブの特徴や比較について。

「サーマ・スラブ」の特徴を「経済面」「バリアフリー」「エコ」の観点から分かりやすく開設します。

  1. TOP
  2. サーマ・スラブの特徴・比較

従来の床暖房は部屋を暖めるサーマ・スラブは建物全体を暖める暖房システム「サーマ・スラブ」をお薦めする3つのポイント

  • 家計にやさしい経済的システム

    価格が不安定な灯油やガスに頼らず、深夜電力だけで24時間暖房が可能! 深夜電力は昼間の電気料金の訳1/3。ランニングコストを抑えるなら、深夜電力の 活用が一番です。

  • 人にやさしい温度のバリアフリー

    福祉の先進国、スウェーデンをはじめ北欧、欧米等では、「温度のバリアフリ ー」が常識。低温輻射暖房だから一般の床暖房にありがちな低温やけどの心配も ありません

  • 地球にやさしいエコシステム

    天然の土壌が蓄熱材だから、蓄熱材をつくるための余計な環境負荷、建設コストを 抑えることができます。サーマ・スラブは地球環境との共生を目指します。


地下地中蓄熱

経済的な深夜電力だけで実現 目先の安さより30年のランニングコストです

価格動向が不安定な灯油やガスと比較すると、割安な深夜電力だけで24時間暖房が可能になりました!
深夜電力は昼間の電気料金の約1/3!ランニングコストを抑えて暖房するなら、深夜電力の活用が一番です!
深夜電力だけで24時間、安定した温度環境が創れるのは、次世代の技術、地中蓄熱式床暖房サーマ・スラブだけ!
詳しい説明

温度差のない開放的な家 温度のバリアフリーでヒートショック対策を

スウェーデンをはじめ欧米で重要視されている温度のバリアフリー。ヒートショックは部屋の温度差が原因です。
サーマ・スラブなら低コストで全館暖房が実現!20〜25℃の輻射暖房だから、一般の床暖房にありがちな低温やけどの心配もありません。乾燥も少なく床のホコリを巻き上げない、その他の暖房と比較しても最も理想的な暖房システムです!
詳しい説明

自然の大地が蓄熱材 空気を汚さない暖房でCO2削減にも貢献

サーマ・スラブは深夜電力だけを使います。日中の電気使用を控え深夜電力を活用することで、CO2排出量の削減に貢献します!また、サーマ・スラブなら新たに蓄熱材を造る必要がないため、余計な環境負荷、建設コストを抑えることができます。自然と共に創る快適性。
地中蓄熱式輻射床暖房システム、サーマ・スラブは地球環境との共生を目指します!
詳しい説明

サーマ・スラブの特徴<特記>

サーマ・スラブの特徴としまして上記で「経済面」「バリアフリー」「エコ」の 観点から解説しておりますが、もっと簡単・具体的に説明しますと 家の敷地の下の土・コンクリートを夜間電力だけを利用して暖めて、 その熱を24時間ずっと家全体に輻射(放熱)して家全体を暖めて 寒くない家を提供する仕組みとなります。

熱の伝導の性質を有効に活用しており、無駄のない熱利用のシステムで 冬の寒いシーズンの24時間を一定の温度で保ちます。
もちろんコントロールパネルでお宅にあった温度調節が可能です。
つまり、お子様・お年寄り・ペットに合わせた温度調整が可能と言う事です。

空気の循環もありませんし、過乾燥もありません。(注1)
床の底冷えからも・湯冷めからも・暖房器具のタイマーセットからも開放されます。
自宅からは冬が無くなり、秋が続いていつの間にか春が来る感覚になれます。

一部で家全体の床暖房は”無駄”とお考えの主婦の方もいます。
では既存の暖房は無駄はないでしょうか?
今までの暖房費と同じくらいで家全体が、しかも24時間寒くなくなるとしたら、果たしてそれは無駄でしょうか?(注2)

これまでは帰宅したり朝目が覚めたら、まず部屋の暖かさの確保でした。
トイレも寒さに耐えながら苦痛な状態だったでしょう。
家の中でも数枚の重ね着で肩こりの原因にもなっていたでしょう。
サーマ・スラブを導入しましたら、いつ目覚めてもどこで目覚めてもほんのり暖かい環境が整ってます。

そんなに上手く暖房できるはずがないと少しでも疑問がある方は 是非体感をしてみて下さい。
疑問は期待に変わるはずです。
そしてその期待を現実にさせて下さい。

少しでも体感をお考えの方はこちらにご連絡下さい。

(注1)
立地や建物の形状、気密・断熱性能により、一部補助暖房を提案する場合がございます。
補助暖房がエアコンの場合は例外といたします。

(注2)
申し訳ございません、全ての物件に当てはまる訳ではございません。
電力会社あるいは契約によって若干違いますので、まずはお見積りからお願いいたします。

当サイトに掲載されている全て画像/データの著作権はサーマエンジニアリングに属します。無断転載・複製を堅く禁じます。
Copyright (C) 2007 therma.co.jp. All Rights Reserved.